Olive Tree International Christian School

子供の英語、塾?

LINEで送る
Pocket

『インターナショナルスクール』で英語力をあげていれば、将来『塾』で英語のクラスをとる必要はないかもしれません

 

子供の英語学習環境3つ目の選択肢は、「塾」です。

 

実は私自身が以前、個別指導塾の教室長として生徒たちに関わっていたことがあります。

 

みなさんご存知の通り『塾の英語学習』は言語としての英語というより、むしろ受験や、学校の定期試験などの結果を上げるためのものとなります。

 

そのため当然短時間で『試験』に合格するための学習をするため暗記中心で、読み書き中心の内容となります。

 

日本人は勤勉で、世界中でも最も英語学習にお金をかけるのに、『アジア圏でも一番低い英語力』と言われる残念な現実を、実際の教育現場でも経験してきました。

 

私は日本の学校教育の先生を批判したいわけではありません。

 

私たちの子供も日本の学校でお世話になっており、参観日には日本人である担任の先生が一生懸命工夫して英語を教えてくださっている姿にはアメリカ人の妻もただ感心していました。

 

政府が掲げる英語力の向上に対応するため苦労されている先生方には、頭が下がるばかりです。

 

ただ日本の学校の先生はネイティブスピーカーではないわけですから、問題は先生ではなく仕組みの問題だと私は思います。

 

『英語』ができれば受験勉強の時間や塾の費用も他の教科に回すことができます

 

 中学生や高校生にとって毎日のようにある英語の授業が難しいということは切実な問題となりますし、英語が苦手であれば、それだけ受験でも不利になります。

 

そのため塾の授業でも『数学』と並び重要な科目として取り扱われます。

 

保護者が学生の時に英語で苦労したために、英会話スクールやインターナショナルスクールで英語を学ばせたいというようなことは、今でも良く聞く話です。

 

 しかし、『塾の英語』では、「学校英語」「受験英語」のサポートにはなりますが、実践的な英語学習の総合的な力が付くわけではありません。

 

それは、『聞く、話す』という領域の学習が抜けているからです。

 

正しくは、あったとしても全く足りないからです。

 

英語学習は「4技能学習」(聞く、話す、読む、書く)が必ず必要です。

 

さらにネイティブの人たちは『Phonicsフォニックス』という英語と文字の関係を子供のころから何度も練習してから文字の学習に入るため、日本人のように単語のスペルを暗記するということはほとんどしません。

 

しかし、日本の学校の英語教育は今でも暗記が主体です。

 

ここでは具体的に触れませんが、ここにもネイティブスピーカーの先生を導入できない、もしくは導入しても長続きしない仕組みの問題が存在しています。

 

実際私がこれまでに塾の教室長をしていた頃に見てきた生徒の中には、文字と音の関係がはっきりしないために、スペル間違いや、単語を間違った読み方で覚えている生徒が多数いました。

 

このような学習を続けていては、せっかく中学、高校と6年間も英語を勉強しても、読み書きは出来るようになるかもしれませんが、決して話して通じる英語力にはなりません。

 

そしておもしろくもない、話せるようにもならない、ただ受験や定期試験で合格点をとるためだけに、さらに同じような授業を『塾』で受け続けて時間と労力を浪費している生徒を多く見かけました。

 

これはまさしく私が学生の時に持っていた問題(なぜ毎日学校で英語の授業があるのに英語が話せるようにならないのか?)と何も変わらない状況です。

 

しかし、子供の頃から最低でも幼稚園から小学校卒業ぐらいまでをインターナショナルスクールや、本格的な英語学習環境で英語に力を入れていれば高校受験や大学受験の時に、時間と労力を浪費せずに他の教科、『数、国、理、社』などにエネルギーを注ぐこともできますし、将来高い英語力を使って世界に羽ばたくことができるのです。

 

お子様の英語教育の成功は保護者の情報収集と長期的取組が鍵

 

これらのことを戦略的に行っている保護者とそうでない保護者の違いは後々とても大きな違いを生み出します。

 

なぜ断言できるかと言いますと、私がそれを目の当たりにし、経験してきたからです。

 

私も塾の教室長時代、なんとか子供達に意味のある英語が学習できるよう実践的な英語学習方法を指導したりしましたが、中学生にもなると、クラブ活動や他の勉強も忙しくなり、実際行動に移せる生徒はごく僅かです。

 

その為、中学生以降で英語のリスニングやスピーキング能力を高める為のトレーニングをすることは、よほど本人に興味があったり、やる気がある場合でないと現実的ではありません。

 

しかも、生徒たちはあっという間に受験シーズンを迎え、高校生に進学し、次は大学受験を視野に入れた活動内容に向かっていきます。

 

その反面、幼少からインターナショナルプリスクールにお子様を通わせ、さらに小学生の時もインターナショナルスクールに入れて小学校高学年から中学受験をして日本の中学校、高校にお子様を通わせた保護者は、実際にお子様の受験でも希望の学校に進学させることができ、なおかつ高い英語力でバイリンガルに育てられていました。

 

この経験からも私が早い段階からのお子様の英語学習をおすすめする理由です。

 

しかし、これを実践するには短期間では意味がなく長期的な取組が必要となります。

 

このことを「子供の英語、いつから始める?」で考えていきたいと思います。

 

この記事を書いた人

森澤孝之

これまでにインターナショナルスクール マネージャー、英会話スクール マネージャー、個別指導塾 教室長業務を通して子供英語教育に携わってきました。 アメリカ出身の妻が校長を務めるOlive Tree International Christian Schoolは吹田市江坂で開校しています。 校長の森澤Tiffanieは来日以来約20年にわたる英語指導により、多くのバイリンガル生徒を輩出してきた実績がございます。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

まずはお気軽にお電話でご相談ください。

080-9747-8958 080-9747-8958 arrow_right
PAGE TOP