Olive Tree International Christian School

子供の英語、いつから始める?

LINEで送る
Pocket

お子様の英語は早ければ早いほど効果的です

 

これまでの経験からお伝えすると、お子様の英語教育は早ければ早いほど効果的です。

 

最近では1歳ぐらいの赤ちゃんの時からネイティブスピーカーによる保育が行われているインターナショナルスクールも少数ですが見るようになりました。

 

そのようなお子様は幼稚園に進む頃にはネイティブスピーカーに近い状態であることがほとんどです。

 

私たちは国際結婚で、妻がアメリカ人ですのでやはり子供達は日本語より英語が強い傾向にあります。

 

それは単純に赤ちゃんの時に英語で話す母親と過ごす時間が多いからです。

 

日本人の赤ちゃんが幼稚園にあがる頃には日本語を話せるようになる原理と全く同じ原理です。

 

 

 

 

いずれ『受験英語』も始まります

 

学校教育も英語教育の低年齢化に流れが変わり、最近では小学生から英語の授業も始まるようになりました。

 

しかし、小学生から英語が始まるからといっても、日本の英語教育がそれほど劇的に変化したわけではありません。

 

今とは形は変わっていたとしても、いずれ『受験英語』も始まります。

 

以前のブログでもお伝えしたように、中学生が高校受験を迎える頃には、試験勉強やクラブ活動で忙しくなり『生きた英語』を学習する機会は益々少なくなっていきます。

 

ほとんどの生徒が『受験英語』や他の試験勉強に追われて、中には英語嫌いの生徒も出てくると思います。

 

あるいは海外や英語に興味を持ち英語学習を始める人もいるかもしれませんが、今翻訳家をされている人や、英語を使った仕事をしている人たちと同様に後からかなりの時間と労力を英語学習に投資しないといけなくなることには変わりありません。

 

このように、学校でも英語は重要な科目として扱われ、いずれ学校の授業でも英語を学習するようになるのですから、可能であれば早い時期から英語教育に取り組まれて『受験英語』も、お子様のプラスになるようにできればより効果的です。

 

 

この記事を書いた人

森澤孝之

これまでにインターナショナルスクール マネージャー、英会話スクール マネージャー、個別指導塾 教室長業務を通して子供英語教育に携わってきました。 アメリカ出身の妻が校長を務めるOlive Tree International Christian Schoolは吹田市江坂で開校しています。 校長の森澤Tiffanieは来日以来約20年にわたる英語指導により、多くのバイリンガル生徒を輩出してきた実績がございます。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

まずはお気軽にお電話でご相談ください。

080-9747-8958 080-9747-8958 arrow_right
PAGE TOP