Olive Tree International Christian School

インターナショナルプリスクールに通っても日本語が話せなくなることはありません

LINEで送る
Pocket

インターナショナルプリスクールを運営している中で時々聞かれる質問に、「お子様がちゃんと日本語が話せなくなるのではないか?」という質問があります。

 

毎日英語で過ごすので、そのように心配されるのだと思いますが、保護者(特に母親)が外国人のネイティブスピーカーでない場合を除いて、そのようなことはありません。

 

結論から申し上げますと私たちは日本に住んでいますし、保護者が日本人の場合やはり日本語が強くなりますので、インターナショナルプリスクールに通っても日本語が話せなくなることはありません。

 

インターナショナルプリスクールに通っていても日本語教育はとても大切です。

 

しかし、日本語はちゃんと話せるからといって小学校入学の準備を怠ることは、後々日本にいながら英語学習を継続していくことの弊害を生みますので、インターナショナルプリスクールに通いながらもちゃんと『ひらがな』や『カタカナ』『小学校1年性レベルの漢字』などは少しづつ準備しておくことをお勧めします。

 

理由としましては、どのようなスタイルのインターナショナルスクールに行かれるとしても、小学校以降は日本語と英語の両方の学習を続けることになりますので、小学校入学レベルの日本語の基礎ができていないと、小学校の宿題や授業で手一杯になってしまい、英語に注ぐ時間とエネルギーがなくなり挫折してしまうことになるからです。

 

小学校に入ったばかりの生徒にとっては毎日『本読み』や『漢字の練習』、『計算練習の宿題』がある小学校生活はなかなか大変です。

 

英語の授業や、お子様の英語力ばかりを心配される保護者もいらっしゃいますが、現実的には英語学習は長期的なものですので、ちゃんと日本の学校の内容をこなせる日本語力も同時進行でつけていくことが英語学習継続の重要な要素です。

 

自宅では年少の時からひらがなやカタカナなどの練習もしておきましょう

 

これらの理由から当スクール(吹田市江坂オリーブツリー・インターナショナル・クリスチャンスクール)では英語に比べると比重は少ないですが、年長クラス終了時には小学校1年性レベルの『ひらがな』『カタカナ』『漢字』を終了することを目標にカリキュラムを構成しています。

 

当スクールの場合、小学生になっても『アドバンス・イングリッシュクラス』というクラスでアメリカの小学生が学習する英語を、日本の学校に通いながら継続する生徒がいることがその理由です。

 

このクラスとの両立ができるようにインターナショナルプリスクールの段階から日本語もちゃんとできるように準備していると言っても過言ではありません。

 

これからインターナショナルプリスクールを検討されている保護者の皆様にも是非小学生以降のことも考慮して、日本語学習も準備されることをお勧めいたします。

 

難しく考える必要はありませんので、毎日の生活の中でひらがなやカタカナなどの基本を一緒に学習してあげてください。

 

何をしたら良いかわからない場合は、本屋さんなどで小学校1年生のドリルを見れば何が幼稚園のうちに何が必要かわかりますので、是非チェックしてみてください。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

まずはお気軽にお電話でご相談ください。

080-9747-8958 080-9747-8958 arrow_right
PAGE TOP